【35歳からの筋トレ】メリットとデメリットは意外に多いという事実!

【35歳からの筋トレ】メリットとデメリットは意外に多いという事実!

近頃、「筋トレは最高」「筋トレで人生変わる」とかって言葉をよく目にします。

僕自身、まさにその通りだと思ってますが、人によっては賛否両論あるかもしれませんよね。

光と影が存在すると同様に、筋トレにもメリットとデメリットは存在します。

 

30代後半の友人
筋トレってメリットだけじゃないの?
マーティン
そんなことはないよ!実際に筋トレしてると分かってくる事があるんだよね

 

世間一般的に「筋トレはメリットしかない!」ともてはやされてますが、デメリットに目を向けていない人が少なすぎるからでしょう。

35歳から筋トレを始める人の参考になればと思って、僕が個人的な見解でメリット・デメリットを考えました。

 

35歳からの筋トレがもたらす【メリット】

筋トレはメリットしかない!というように、探してみると本当にメリットは多いです。

これだけメリットがあるなら、35歳やアラフォーでもやらない手はないでしょうと思うくらいですね。

 

35歳からの筋トレがもたらす【メリット】とは

  • 基礎代謝の向上
  • 姿勢が良くなる
  • メンタルが強くなる
  • 健康的な生活になる
  • 身体が変わって自身がつく
  • 若者に舐められない
  • 洋服代が減る

 

上から三つの「基礎代謝の向上」「姿勢が良くなる」「メンタルが強くなる」は別記事でも詳しく紹介してます。

 

基礎代謝の向上

基礎代謝が低いことによって生じる「疲れやすい」「疲れがとれにくい」の原因を解消する事ができます。

また、筋トレすることで血流促進効果を高めることによる、免疫力低下も防げます。

基礎代謝を上げることによって、ダイエット効果にも期待できるでしょう。

 

姿勢が良くなる

体幹やインナーマッスルを鍛える事により、物凄く姿勢がよくなります

胸や背中をバランスよく鍛える事で体に厚みが増して、より姿勢よく見られる傾向もあります。

40代、50代になるにつれ、意識しておかないと姿勢はどんどん悪くなる一方なので、早めに改善する余地はありそうですね

 

メンタルが強くなる

フィジカルのみならずメンタルも鍛えられるのが、筋トレの素晴らしいところ。

35過ぎのアラフォー世代に抱える悩みはとても多いですが、筋トレによって分泌される「セロトニン」が心の平穏をもたらしてくれます。

こんなストレス社会だからこそ、筋トレは必要なのかもしれません。

 

健康的な生活になる

筋トレをしているせいか、やたらと健康に気を使うようになります。

食べる物、飲む物、お酒のこと、カロリーのこと、サプリメント、生活習慣、風呂の温度などなど、健康について考えるようになりますし、実際すごく健康になります。

僕は筋トレを始めてから、高カロリーなラーメンを食べるのを控え、好きだったクラブにも行かず、飲み会も極力避けるようになり、夜更かしもなくなりました。

極端ですが、筋トレにはそれだけ人の生活を変える力があるのかもしれません。

 

身体が変わって自身がつく

35歳から筋トレ始めた人がすぐに身体が変わるかと言うと、そんなことはないですが、半年も続ければ身体がちゃんと変化します。

筋肉も大きくなりますし、勘違いかもしれませんが凄いパワーがみなぎってくる気がします。

失礼かもしれないけど、他人を筋肉で見てしまう傾向になり「この人よりは筋肉あるよ俺」的な思考で、変な自身が溢れてくるのです。

夏の薄着シーズンは鍛えた筋肉を主張させる時期なので、筋肉が凄いほど街を胸張って歩ける感じですね。

 

30代後半の友人
歳とってくると太ってるか痩せてるかの両極端が多いよね

 

若者に舐められない

街を歩いてても電車に乗っていても、無礼な若者達に舐められる心配が減ります

筋トレをしてる人って身体の大きさはもちろん、顔つきも外見も少しワイルド感が出るんですよね。

今のアラフォー世代って、オヤジ狩りが流行ったというか、オヤジを狩っていた世代ですよね?笑

それが時を経て「狩る側」から「狩られる側」になるんじゃないかと不安になりますが、筋トレしておけばきっと未来は明るいでしょう。

 

マーティン
見た目を変えるだけで相手の対応が変わる世の中だ

 

洋服代が減る

筋肉が付くことによって基礎代謝が上がるので、基本薄着で過ごす事ができます

地域にもよると思いますが、10月後半まではTシャツ1枚でも過ごせますし、冬もダウンのような厚手の服を着る機会が減ります。

冬服代は消費者にとってはもっともお金を使う部分なので、そこを節約できるのは嬉しいです。

 

 

 

35歳からの筋トレがもたらす【デメリット】

メリット同様にデメリットも結構多いのが筋トレです。

何個かあげさせていただきましたが、ほとんど僕の主観ですので、全てがこの通りではありません。

 

35歳からの筋トレがもたらす【デメリット】とは

  • 疲れが取れない
  • 筋肉痛が治らない
  • お金がかかる
  • 夜眠れなくなる
  • 怪我が治らないし痛む
  • 筋肉ファーストで物事を考えてしまう
  • 痩せない

 

疲れが取れない

基礎代謝が上がったら疲れにくくなるんじゃないの?

と疑問に思う方もいるかと思いますが、筋トレ後の疲れは別物です

いくら基礎代謝が高かったとしても、35歳を過ぎると成長ホルモンの分泌も減少傾向にあるので、筋トレの回復が追いつかない場合があります。

週に何回も高負荷や長時間トレーニングを行う場合は、疲労感と共存するしか道はなさそうです。

 

筋肉痛が治りづらい

「筋肉の超回復に必要な時間は○○時間」などの情報をよく見るのですが、まったく当てはまりません。

35歳過ぎると成長ホルモンの分泌が減少しているのが原因かもしれませんが、とにかく筋肉痛が治りませんね。

スクワットした筋肉痛なんて、1週間でやっと治るかどうかですよ。

プロテインもサプリメントもめちゃめちゃ摂取して、ストレッチもマッサージもするのですが、それでも回復に時間がかかります。

 

お金がかかる

プロテイン・サプリメント・ジム会費・筋トレ道具など、色々とお金がかかります

もちろんお金をかけなくても筋トレはできますが、若者に負けないように効果を高めたいと思うならサプリメントを惜しげなく買うのが一番ですからね。

筋トレを始めてから飲み会や、クラブ遊びなどを絶ちましたが、筋トレに使うお金でトントンといったところでしょうか。

お酒や不規則な生活を辞めて、健康な身体への自己投資として、必要な出費ではありますけどね。

 

夜眠れなくなる

これは僕だけかもしれませんが、筋トレした日の夜は脳が興奮しているのか、なかなか寝付けないのです。

目をつぶっていると、その日行ったトレーニングを思い出して、脳内で復習したり「次の胸の日は何のトレーニングしよう」などと考えてしまって、気づいたら何時間も経っているなんて事がよくあります。

あとは、筋トレで追い込み過ぎた日は、寝る前に身体が痛くて寝付けなるなんて事も。

 

怪我しやすい

昔からトレーニングをしてる人はそうでもないのかもしれませんが、35歳過ぎてから筋トレ始める人にとって、最初の頃はかなり身体に負担がかかります。

関節の軟骨なんて少なくなってきているので、筋トレの動作によっては関節がかなり痛みます。

健や関節を一度怪我してしまったら、治るのにかなりの時間を要しますからね。

腰なんてスクワットやデッドリフトの時に、ぎっくり腰になるんじゃないかと思うほどです。

 

お腹周りの脂肪が落ちない

加齢によるものだと思いますが、お腹の皮下脂肪や内臓脂肪がなかなか落ちません。

筋トレをしていると、筋肉の回復に必要な栄養素を摂取しようとするのですが、余剰分のカロリーがお腹の脂肪になりやすいです。

筋肉を増やして身体を大きくしようとするなら、お腹の脂肪増量は避けては通れない道ですね。

 

筋肉ファーストで物事を考えてしまう

ただでさえ体力が衰えてきている年齢にも関わらず、筋トレの為に無茶をしてしまいます

例えば、連日仕事が激務で疲弊してるのにも関わらず、筋トレする時間は無理やり確保して、疲労の悪循環に陥ってしまう。

他にも、いい歳の大人なのに、デートの時でも筋肉に気を使ってプロテインを持参したり、プロテインバーを食べてしまうとか。

 

マーティン
プロテイン持参、僕は悪いとは思ってませんが
30代後半の友人
デート中くらいステーキ屋とかで良質なプロテイン取ろうよ

 

 

間違った筋トレのメリット

筋トレで色々調べていると、根拠のないメリットなどが紹介されてますよね。

一例ですが、このような感じです。

  • モテる → 別にモテない
  • ハゲる → 別にハゲない
  • 食事が美味しく感じる → 特に感じない
  • 忍耐力がつく → 別につかない
  • 継続する力がつく → 別につかない
  • 肩こりに悩まなくなる → 筋肉痛で肩が常に痛い
  • 服のサイズがダウンする → しない、逆にアップする

 

このメリットに該当する人もいるでしょうけど、僕は全くでした。

信じるか信じないかはあなた次第です!

 

30代後半の友人
モテると聞いたから筋トレ始めようとしたけど、モテないんじゃなぁ…

 

 

まとめ:メリットとデメリットを受け入れて正しい筋トレを

僕の個人的な見解でのメリット・デメリットはこのようになりました。

 

35歳からの筋トレがもたらす【メリット】とは

  • 基礎代謝の向上
  • 姿勢が良くなる
  • メンタルが強くなる
  • 健康的な生活になる
  • 身体が変わって自身がつく
  • 若者に舐められない
  • 洋服代が減る

 

35歳からの筋トレがもたらす【デメリット】とは

  • 疲れが取れない
  • 筋肉痛が治らない
  • お金がかかる
  • 夜眠れなくなる
  • 怪我が治らないし痛む
  • 筋肉ファーストで物事を考えてしまう
  • 痩せない

 

他のトレーニー達に言わせたら、もっと違う意見も色々あると思います。

これから筋トレを始めるという人も、実際に筋トレして見えてくる部分もあるでしょう。

 

ただ、一般的に良いと言われている事も、探せば悪い事がどこかに潜んでいます。

メリットの部分だけにフォーカスを当てられている筋トレですが、デメリットも存在するという事を忘れてはいけません。

筋トレ教」だか「筋トレ狂」だか知りませんが、盲信し過ぎないようにしてくださいね。

 

だけど、一言だけ言わせていただきたいのです。

 

マーティン
やっぱり筋トレは最高です!!辞められない!!
30代後半の友人
結局好きなんじゃないか

 

 

僕はデメリットに目をつぶって筋トレを頑張り続けます!

みなさんもメリットとデメリットを受け入れて、正しい筋トレライフを謳歌しましょう!

【35歳からの筋トレ】メリットとデメリットは意外に多いという事実!
フォローして最新情報をチェック!